HOME > 大腸疾患の治療について > 過敏性腸症候群(IBS) > 過敏性腸症候群(IBS)の新しい知見と治療法の発見

第3の免疫、大腸菌

大腸菌による病気の予防や治療の可能性

2011年、身体の中にいる細菌200兆匹の遺伝子全ての解析ができるようになって以来、健康と免疫と大腸菌の関連が次々と明らかになってきています。
人の身体に共生している菌の中で最も大切なのは大腸菌であり、その大腸菌の数が多いこと、より複雑で多種類の大腸菌を持っていることがその人の健康にとって重要であることが判明しました(2013年Nature)。

大腸菌を増やすことで免疫機能があがる

大腸菌の種類が多く、たくさんいればいる程、大腸菌はその人の免疫機能を上昇させ病気を根本的に治していく(高血圧、糖尿病、心臓病を始め癌の再発にも大きく関連がある)ことが判明したばかりでなく、精神的にもセロトニンを作り出すことで対応する力があることが解ってきました。

一方で、薬は一時的に症状を抑えることはできますが、一度おこった病気をもとの身体に戻すことはできないことも判明し、病気の治療について考え方に革命がもたらされたと報じられています。

 

大腸菌を育てる食事の情報

大腸菌が欲しがっているものを食べる

それでは自分の大腸菌をより複雑なものとし、菌を増やすためにはどうすればいいかのか

答えは大腸菌の好むえさをあたえるしかない、というものでした。大腸菌の好むえさは全粒穀物(玄米や全粒パン等)とナッツ類で、この摂取は自己免疫疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、喘息、アトピー、リウマチ、過敏性腸症等)の症状を軽くすることも解っています。

 

大腸菌をダメにする食事の情報

逆に動物性の食事(肉、魚、卵、牛乳等)は、身体に炎症をおこし、各種の症状が悪化していくことも報告されています。
また、一過性の血糖が上昇する精製穀物やバターは膵臓の負担が大きく血糖を上昇させ免疫機能が低下すると判明。
一方で各種健康によいと思われて売られていサプリメントは病気の予防について有効と言えないことも報告されています。特に腸に良いと言われているヨーグルトは実は、自分の菌ではない(外から入ってきた菌)ため、大量に摂取すると摂取し続けている間は腸内の大腸菌が増えていますが、摂取をやめると数時間でもとにもどってしまいます。逆にヨーグルトは高脂肪、高蛋白のため摂り続けると一過性に血糖値が上昇し、膵臓に負担がかかります。更には、人は子どもの頃腸内にビフィズス菌をもっておりこれが年齢とともに少なくなることがわかっていました。ビフィズス菌には年齢によって必要な量が決まっていることがわかり、高齢になってビフィズス菌を摂り続けていると大腸癌のリスクが高まると報告されています。

 

要約すると

癌や高血圧、糖尿病、自己免疫疾患のある方にとってこれらの病気の再発を抑えることのできる食物として証明されているものは全粒の穀物とナッツ類であること。

また、現在これらの病気のある人は、動物性の食事による身体の炎症を抑えるため動物性の食物(魚、肉、卵、牛乳。ヨーグルト等)を出来るだけとらないことで病気の治療に自分で参加できることがわかり、大腸菌を育てることは第3の免疫治療(第1は先天性、第2は後天性)とよばれ医学のあり方を変えようとしています。

 

食のピラミッド

「人はその人が食べたものでできている」 と言われますが、最新の研究結果からは「人はその人の微生物が食べたものでできている」とも言えます。

食事のたび、今日は大腸菌がどんなものを欲しがっているか少し思いやってみてはどうでしょうか。

 

藤好クリニック 藤好建史

 

過敏性腸症候群(IBS)に関する情報


Copyright (C) 2012 FUJIYOSHI CLINIC All .Rights Reserved.